本来、借金を減らして完済しやすくするためのおまとめローンが負担になるケースがあります。これはその人の状況や借入状況、返済の仕方などに左右されます。そのため、得られるメリットだけに注目するのではなく、デメリットも調べ、自分の状況を把握し、どのように返済していくかなどを入念に計画しなくてはなりません。それができていないと、おまとめローンを組んでも問題が解決するどころか、更なる問題を呼び込むことになります。

おまとめローンを利用すると、返済日の統一、金利の低下、月々の返済額の減額などさまざまなメリットがあります。特に、金利が低くなることで精神的負担が大分軽減されるので、余裕を感じる方も多いでしょう。そのため、借金がなくなったような気持ちになり、浮いたお金を浪費し、結局返済がままならなくなるということが少なくありません。そのうえ、生活自体が困窮し始め、別のところから融資を受けるなどして借入件数が増えてしまうこともあります。また新規借入を行うことは契約違反に当たるとして、おまとめローン銀行契約破棄と一括返済を求められることもあるので、完済するまで油断しないことが重要です。

月々の返済額を減らすことができれば、毎月の負担は確かに減ります。しかし、月々に返済額が減るということは、往々にして返済期間が伸びることでもあります。そして返済期間が伸びるということは、支払わなくてはならない利息が増えるということです。
元金が減れば利息も一緒に減っては行きますが、返済方式がリボルビング払いやそれに相当するような方法である場合、返済金はまず利息に充てられ、その残りが元金に充てられます。最初の頃は利息もそれなりに高いので、なかなか元金が減りません。そんな中で月々の返済額が減ってしまえば、さらに減りは遅くなります。そのため、返済方式や約定される返済金額などがどうなっているかを調べておかないと、総返済額が以前より増えることになり、まとめた意味がなくなってしまいます。

返済できる状態にない、つまり返済能力がない状態でまとめるのも得策とは言えません。おまとめローンは、返済を少しでも楽にするものであって、なくすものではありません。そのため、まとめたところで赤字になる場合は、どこかの時点で返済ができなくなります。生活を立て直すためにまとめるたのに、それがさらに自分の首を絞めてしまうようでは本末転倒です。

自分の経済状況と現在の借入状態、おまとめ後の予測は申し込み前に調べておきましょう。この状態で申し込んでも、多くの場合は審査で否決されますが、わざわざ信用情報に余計な記録を残すこともないでしょう。